3-1.キャンバス作成|これから始める!はちゃち的デジタルイラスト講座

-PR-


講座トップページに戻る ]

キャンバスの作成

まずはキャンバスの作成が必要です。

「キャンバスとはなんぞや?」
l8510CIMG0948?

と思う人はアナログで絵を描くときのことを思い出して下さい。
少なくとも紙とペンは必要ですよね。

キャンバスの作成は、「絵を描く紙を用意する」機能です。

キャンバス作成の画面を開く ★★★★

ともかく絵を描く場所がなければ始まりません。

以下の3つの方法で作成画面を開くことが出来ます。
どれも結果は同じですので、分かりやすい方法や慣れている方法を自由に行って下さい。

ScreenShot00245-2
(ΦωΦ).。◯(明日から本気出す...) 一番シンプルで分かりやすいにゃ
ScreenShot00246 ScreenShot00246-2
IMGP2285 他のボタンを間違って押さないように注意にゃ
Ctrl + N
2013-04-28 17.55.21 パソコンにある程度慣れている人向けにゃ

キャンバス作成画面 ★★★★

以下の様な画面が開いたと思います。

このまま[OK]を押してもキャンバスは作成されます。
しかしせっかくなので幾つか設定項目を確認していきましょう。

ScreenShot00247

作品の用途 ★★★

まずはじめに、作品の用途で「イラスト」が選択されている事を確認しましょう。
「イラスト」アイコンは以下の黄色いやつです。
ScreenShot00225-2
選択されていない場合はクリックで選択します。

それぞれアイコンの意味は以下の通りですが…
ScreenShot00248
現時点ではイラストを選択していれば問題ありません。

l21555

さて、まず気にするべき設定項目について触れていきましょう。

今回は「単位」「幅・高さ」「基本表現色」を確認していきます。

ScreenShot00247-2

単位 ★★★

まず右中央にある単位という項目を確認しましょう。

ScreenShot00249

はじめの内は「px」単位で行うことをおすすめします。
「mm」や「cm」の方が馴染み深いでしょうが、こちらは主に印刷前提のイラストを描く際に使っていきます。
pxはピクセルの略となっています。

800pxと800mmでは全く違う大きさになります。単位がきちんと設定されているか要注意です。
※800mm = 2268px  (解像度72の場合)

モニターやテレビは見えないほど小さな点々で構成されています。
点1つ1つがそれぞれの色を発することでイラストや動画を写しています。

現在主流なのが1920×1080ピクセルのモニターやテレビです。
俗にいう「フルハイビジョン」というやつですね。
これは1920×1080個の点々(ピクセル)があるということです。

モニターやテレビのサイズはまちまちでも、同じフルハイビジョンであれば点々(ピクセル)の数は同じです。

絵描く側も絵を見る側もモニターを介しての場合、ピクセルを基準に絵を描いたほうが何かと便利です。

また、自分の使っている画面のピクセル数がわからないという方は以下の方法で確認出来ます。
コントロールパネル▶デスクトップのカスタマイズ▶ディスプレイ▶画面の解像度▶解像度
ScreenShot00243

私の環境では1920×1200ピクセルのモニターを主に使用しています。
IMGP0704

キャンバス幅・高さ ★★★★

左中央にある「幅」「高さ」項目を見て行きましょう。

ScreenShot00249

現在「800」「600」という数値が入っています。もしもこの数値が違っていても問題はありません。

800+単位という処理になりますので、今回の上記の場合「800px」ということになります。
単位の設定を誤って800cmとなった場合、22677pxの巨大キャンバスが作成されてしまいます。注意しましょう。

今回の講座ではひとまず幅800、高さ600で行っていきます。
数値を変える場合は直接キーボードで書き換えても良いですし、 ▶アイコンをクリックすると以下のようにバーが出るのでこれをスライドさせて変更しても構いません。
ScreenShot00250

幅と高さの入れ替え

現在横長になっていますが「縦長の絵を描きたい!」という場合は数値を逆に書き直せばいいのですが、妙に手間だったりします。
そこで便利なのが以下の矢印ボタン。
ScreenShot00251
これで幅と高さを入れ替えることが出来ます。

プリセット

ScreenShot00252
よく使われる形式がプリセット内に入っています。
どのくらいのサイズで作ればいいか迷った時はこの中から選んでみてもいいでしょう。

基本表現色 ★★

とりあえず「カラー」になっていれば問題無いでしょう。

ScreenShot00253

色を付けたいのにモノクロになってしまう…
nandato
という場合はこの項目がカラーになっていないかもしれません。
※後から変更出来ます。

キャンバス作成を確定する ★★★★

今回は標準的なサイズの中で小さめの800×600ピクセルでキャンバスを作成します。
項目を確認後、右上のOKを押しましょう。
ScreenShot00254

以下のように作成されればキャンバスの作成は完了です。

ScreenShot00255

それでは次回は早速ペンツールを使って描いていきましょう!


20140521_212959_Android <次回もよろしくにゃ


講座トップページに戻る ]


[広告]

-PR-


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)