3-2.ペンと消しゴムツール|これから始める!はちゃち的デジタルイラスト講座

-PR-


講座トップページに戻る ]

さて、ペンタブの設定も終わり、ペイントソフトは起動し、キャンバスも用意が完了しました!
では早速描いていきましょう!

ペンツール ★★★★

まずは画面左にある Gペン を使ってみましょう。
ScreenShot00322
ScreenShot00321

この状態でペンタブをなぞると線を描くことが出来ます。
GペンはCLIP STUDIO PAINTの中で基本的な描画機能の1つです。
P_20150613_124212 <基本中の基本ツールにゃ

キャンバス上にブラシが来ている事を確認して描いてみましょう。

Animation 4

 

テキトーに描き、以上のように線が描ければOKです。

線が描けない、又は、
ScreenShot00320-2
このように筆圧が効かない人は対策方法をまとめてみましたので参照してみてください。

Gペンの色が白色になっていませんか?
白地に白色を描いても白く表示されるだけなので描けていない用に見えます。
確認してみましょう。
ScreenShot00097-6
Gペンでは、色は青い四角で囲まれている方が描かれます。
上図では黒が選択されている状態です。

筆圧が効かない場合は以下の場合が考えられます。

  • ペンの設定で筆圧を使っていない。
    • 【解決法】
      ツールプロパティ▶①詳細パレット▶②ブラシサイズ▶③ブラシサイズ影響元設定▶筆圧に☑チェックが入っているか確認しましょう。
      ScreenShot00316
  • ペイントソフトの一時的な不具合で筆圧が機能していない。
    • 【解決法】
      ペイントソフトを再起動してみましょう。それでも解決しない場合、パソコンを再起動してみましょう。
  • ペンタブドライバの不具合で筆圧が機能していない。

ペンタブの設定の初期化、又は再インストールを試してみましょう。

  • 設定の初期化方法
    • スタートメニュー▶ワコムタブレット▶ワコムタブレット制定ファイルユーティリティ
      ScreenShot00318
    • ログインユーザーの設定ファイル、又は全てのユーザー設定ファイルから削除を実行します。実行すると初期化されます。
      ScreenShot00319

それ以外に上手く描けない場合は以下の手順を順次試してみましょう。
途中で解決した場合はそれ以降を試す必要はないでしょう。

  1. ペンタブのケーブルを抜き差ししてみる。
  2. パソコンを再起動する。
  3. ペンタブのドライバを最新のものに更新する、又は再インストールしてみる。▶ ワコムドライバをダウンロード
  4. ペイントソフトを再インストールしてみる。
  5. google検索で同様の不具合がないか調べる
  6. CELSYS公式サポート掲示板で問い合わせる。▶CLIP STUDIO PAINT サポート
l1501

消しゴムツール ★★★★

消しゴム同様に描いたものを消せるツールが消しゴムツールです。

ScreenShot00323
ScreenShot00321-3

Animation 5

ブラシサイズを変更する ★★★★

太い線、細い線を描くときに合わせてペンも消しゴムもサイズを自由に変更することが出来ます。
l21555

ブラシサイズ変更の基本操作

さて、まず最も基本的なブラシサイズの変更方法を解説していきます。
が!当講座ではこの次のショートカットを用いた方法を推奨していくスタイルですのでこの欄は、
l1693
くらいに考えておいてください。

ペンでも消しゴムでも同じなのですが、ブラシサイズは以下のアイコンから変更できます。
ScreenShot00325

ツールプロパティ内の、ブラシサイズ欄では現在のブラシサイズと直接編集出来るバーがあります。
ScreenShot00324
バーを直接左右に動かすとブラシサイズも変わります。左に動かせばブラシサイズが小さく、右に動かせば大きくなります。
また、ブラシサイズ右にある矢印(▲や▼)をクリックや、数値を直接書き換える事でも同様にサイズを変更する事が出来ます。
 ※⇩下矢印に関してはブラシの細かい設定項目が出てきます。ブラシサイズとは直接関係ありませんので割愛します。

また、以下のブラシサイズウィンドウをクリックすることでも設定が可能です。
ScreenShot00326

ブラシサイズ変更ショートカット ★★★

さて、ここで紹介する方法はキーボードを使ったショートカットについてです。
CLIP STUDIO PAINTの最初から登録されている標準ショートカットに便利なものがありますので紹介していきます。
2013-08-15 19.06.35 <頭で理解できなくてもやってみるべし!にゃ

ショートカットとは近道という意味です。
ペイントソフトでは様々な機能があり、それを行うメニュー欄やアイコンが無数にあります。
それをキーボードを使うことで手間を短縮する事が出来ます。

ショートカットは必ずしも必須ではありません。しかし使えると非常に便利です。
ですが非常に多く存在するショートカットを全て覚えるとなると大変です。
本講座では初心者でも覚えておくべき優先順位の高いショートカットを中心に載せていきます。

Ctrl + Alt + ドラッグ

これがブラシサイズを変更する便利なショートカットです。
まず Ctrl + Alt を押し、その後ドラッグします。ドラッグは先ほどペンで描くようにキャンバス上を描けばペンタブで行うことが出来ます。

Animation 1

 

ブラシサイズを適切に選ぶのは慣れが必要です。このショートカットではキャンバス上でブラシサイズの円を見ながら調整できるので非常に便利です。

この便利機能をぜひ活用していきましょう!

SAIでも同様に Ctrl + Alt + ドラッグにてブラシサイズを変更できます。
ただし少し挙動が違います。

CLIP STUDIO PAINTでは「現在のサイズ」からドラッグした分拡大縮小ですが、
SAIは最小から始まりドラッグした分拡大縮小します。

Animation 2(◀クリックで再生)

Photoshopでは割り当てられたショートカットが大きく違います。
ブラシツール等を選択時に右クリック + ドラッグにて変更できるようです。

Animation 3(◀クリックで再生)

ペンと消しゴムのショートカットキー

ショートカットとは実に便利なものだと、ブラシサイズ変更で実感してもらえたら大変嬉しいです。
CIMG0200

さて、ショートカットは他にも様々あります。
先ほど取り上げたペンツールと消しゴムツールのショートカットについて簡単に触れていきましょう。

ペンツールのショートカットは P です。
ペンを選択していない状態でPを軽く押してみましょう。
するとペンが選択されます。

「鉛筆ツールが現れた!? どうなっているんだ!?」

l8810

と言う方がいても大丈夫。仕様です。

ペンツールを選択した状態でもう一度Pを押してみましょう。
すると鉛筆ツールという選択に切り替わります。
これはペンと鉛筆でPキーを共有しているので押すたびに入れ替わります。
慌てる必要はありません。

では続いて消しゴムツールをショートカットから呼び出してみましょう。
ショートカットは E です。
これで簡単に消しゴムを選択できます。
Eキーは消しゴム以外に割り当てられていませんので、何度押しても消しゴムのままです。

ショートカットキーは使いやすいように自分で変えることが出来ます。
以下のショートカット設定から行えますが、慣れないうちはデフォルト設定で良いでしょう。
ScreenShot00328
「ここにショートカットキーあると使いにくいお…」
l1501
と思うようになってから設定を考えても遅くはないです。

一時的に消しゴムを使う方法 ★★★

さて、デジタルイラストを描くに当たり、ペンと消しゴム、そしてブラシサイズを変更する所まで解説しました。
ブラシサイズは簡単に変更出来るようになりました。

IMGP2317 しかし!

ペンと消しゴムを何度も選択し直すという作業は非常に大変です。
一度や二度なら良いのですが、実際に描いていくと非常に膨大な回数を描いては消してを繰り返します。
その都度絵を描くのを一旦止め、切り替える行動を行っていては集中力に自信のある人でも続きません。

そんなこと言われてもどうすりゃいいのさ…

そこで便利な機能、ツールの一時切り替え機能(別名ツールシフト機能)というのがあります。

l21555

使い方は簡単です。
一時的に切り替えたいツール(ここでは消しゴム)ショートカットを長押しするだけです。

消しゴムのショートカットキーは E です。通常、このEを押せば消しゴムに切り替わります。
しかしEキーを押しっぱなしにすると、押している間だけ消しゴムを使えます。

ペンと消しゴムを切り替える動作が、
「Pを押して、Eを押して、Pをもう一度押して」
から
「Eを長押して離す」
だけで済みます。
クーちゃん ドヤァ

これは非常に楽になりますので積極的に使っていきたい機能ですね。

何秒以上キーボードを長押ししたら一時使用になるかの設定は環境設定から変えることが出来ます。
ScreenShot00332
私の環境では200ミリ秒(0.2秒)です。
一時使用とツールの切り替えが誤爆する場合は、この秒数設定を自分にあった数値に変えてみましょう。


それでは次回は実際に絵を描いていきます。
CIMG0696 !!


講座トップページに戻る ]


[広告]

-PR-