Live2Dでの動画書き出し(QuickTime)についての注意喚起

-PR-


既にLive2D公式サイトLive2D公式Twitterでも告知が行われていますが、現在QuickTimeのアンインストールが推奨されています。▶Live2D公式告知ページ

ことの発端

今回の問題はQuickTimeに見つかった脆弱性について、Windows版では修正せずとAppleが決定した事によるものです。

Apple社製メディアプレーヤー「QuickTime」に2件の脆弱性(ZDI-16-241、ZDI-16-242)が存在することを明らかにした。この脆弱性の修正予定はなく、Appleは「QuickTime」のアンインストールを推奨しているという。

引用元

アンインストール方法

  1. コントロールパネル ▶ プログラムのアンインストール ▶ QuickTimeのアンインストール
  2. スタートメニュー ▶ 全てのプログラム ▶ QuickTime ▶ QuickTimeのアンインストール

のいずれかで削除できます。

詳しくはAppleのサポートページ(QuickTime 7 for Windows をアンインストールする)を参照下さい。


 

アンインストール後にLive2D Animator 32bit版を起動すると以下の様な表示が毎回出ます。

ScreenShot01319

「いいえ」を押して問題ありません。

64bit版を使用できる環境の方は64bit版でのみ作業すると良いでしょう。
また、32bitと64bitでの互換性について、公式マニュアルでも「編集作業を64bit」「書き出しを32bit」として使い分けることを推奨しています。

QuickTimeアンインストールした場合動画出力が無くなり、32bit版を使う必要性がなくなりました。
今後32bit版での作業が必要な場合でも互換性があるので問題は起こらないと思われます。

Live2Dでの動画書き出しについて

連番での書き出しは以下の項目から出力できます。

ScreenShot01320

また、今後は別の方法で動画の書き出しを行えるよう開発を行っているとのことです。

 


既にLive2D公式サイトやTwitter公式アカウントでも告知が出ていますが、当ブログでも周知の一助になればと思いまとめました。

-PR-