タグ: Live2D Animator

ボイスロイドLive2D立ち絵素材まとめ

はじめに

個人的にVOICEROID実況動画が好きです。
動画でLive2Dの立ち絵がもっと使われれば良いなと思い、配布されているモデルをまとめてみました。

素材まとめWikiだと配布形式にかかわらず一緒くたにまとめられているので個人的に分かり難いんですよね。
FaceRigワークショップは規約的にどうなるのかよく分かってないので入れていません。

現在配布されているモデルファイルの大半はCubism2のファイルのようです。
ファイル形式の早見表を作ってみましたので、ファイル形式の意味が分からない場合は参照して下さい。

[kanren postid=”3726″]

結月ゆかり

[colwrap] [col2]

▶画像クリックでGIFアニメ再生

[/col2] [col2]

  1. 製作者
    1. はちゃち
  2.  配布ファイル一覧
    1. cmox
    2. moc
    3. model.json
    4. physics.json
    5. mtn
  3. ダウンロード
    1. Live2D Library

[/col2] [/colwrap]


[colwrap] [col2]

▶画像クリックでGIFアニメ再生

[/col2] [col2]

  1. 製作者
    1. 魔界ぺんぎん
  2. 配布ファイル一覧
    1. moc
    2. model.json
    3. physics.json
  3. ダウンロード
    1. Live2D Library

[/col2] [/colwrap]


[colwrap] [col2]

▶画像クリックでGIFアニメ再生

[/col2] [col2]

  1. 製作者
    1. Lim
  2. 配布ファイル一覧
    1. cmox
  3. ダウンロード
    1. Live2D Library

[/col2] [/colwrap]


[colwrap] [col2]

▶画像クリックでGIFアニメ再生

[/col2] [col2]

  1. 製作者
    1. Ganeesya
  2. 配布ファイル一覧
    1. cmox
    2. canx
    3. psd
  3. ダウンロード
    1. Live2D Library

[/col2] [/colwrap]


[colwrap] [col2]

▶画像クリックでGIFアニメ再生

[/col2] [col2]

  1. 製作者
    1. 架音
  2. 配布ファイル一覧
    1. cmox
    2. psd
  3. ダウンロード
    1. Live2D Library

[/col2] [/colwrap]


[colwrap] [col2]

[/col2] [col2]

  1. 製作者
    1. komorigaki
  2. 配布ファイル一覧
    1. cmox
    2. psd
    3. moc
    4. physics.json
    5. mtn
  3. ダウンロード
    1. Live2D Library

[/col2] [/colwrap]


弦巻マキ

[colwrap] [col2]

[/col2] [col2]

  1. 製作者
    1. 魔界ぺんぎん
  2. 配布ファイル一覧
    1. moc
    2. model.json
    3. physics.json
  3. ダウンロード
    1. Live2D Library

[/col2] [/colwrap]


[colwrap] [col2]

[/col2] [col2]

  1. 製作者
    1. 魔界ぺんぎん
  2. 配布ファイル一覧
    1. cmox
  3. ダウンロード
    1. Live2D Library

[/col2] [/colwrap]


[colwrap] [col2]

▶画像クリックでGIFアニメ再生

[/col2] [col2]

  1. 製作者
    1. Ganeesya
  2. 配布ファイル一覧
    1. cmox
    2. canx
    3. psd
  3. ダウンロード
    1. Live2D Library

[/col2] [/colwrap]


[colwrap] [col2]

[/col2] [col2]

  1. 製作者
    1. komorigaki
  2. 配布ファイル一覧
    1. cmox
    2. psd
    3. moc
    4. physics.json
    5. mtn
  3. ダウンロード
    1. Live2D Library

[/col2] [/colwrap]

琴葉茜

[colwrap] [col2]

▶画像クリックでGIFアニメ再生

[/col2] [col2]

  1. 製作者
    1. 瓜硝子
  2. 配布ファイル一覧
    1. moc
    2. model.json
    3. physics.json
    4. mtn
  3. ダウンロード
    1. 瓜硝子のブロマガ
      (「3.配布URLと配布データの説明」辺り)

[/col2] [/colwrap]


[colwrap] [col2]

▶画像クリックでGIFアニメ再生

[/col2] [col2]

  1. 製作者
    1. Ganeesya
  2. 配布ファイル一覧
    1. cmox
    2. psd
  3. ダウンロード
    1. Live2D Library

[/col2] [/colwrap]

琴葉葵

[colwrap] [col2]

▶画像クリックでGIFアニメ再生

[/col2] [col2]

  1. 製作者
    1. 瓜硝子
  2. 配布ファイル一覧
    1. moc
    2. model.json
    3. physics.json
    4. mtn
  3. ダウンロード
    1. 瓜硝子のブロマガ
      (「3.配布URLと配布データの説明」辺り)

[/col2] [/colwrap]


[colwrap] [col2]

▶画像クリックでGIFアニメ再生

[/col2] [col2]

  1. 製作者
    1. Ganeesya
  2. 配布ファイル一覧
    1. cmox
    2. psd
  3. ダウンロード
    1. Live2D Library

[/col2] [/colwrap]

東北ずん子

[colwrap] [col2]

▶画像クリックでGIFアニメ再生

[/col2] [col2]

  1. 製作
    1. 東北ずん子公式
  2. 配布ファイル一覧
    1. cmox
    2. moc
    3. model.json
    4. physics.json
    5. exp.json
    6. mtn
    7. psd
  3. ダウンロード
    1. 公式サイト 自由に使えるイラスト
      (ページ下部)

[/col2] [/colwrap]

東北きりたん

[colwrap] [col2]

▶画像クリックでGIFアニメ再生

[/col2] [col2]

  1. 製作
    1. 東北ずん子公式
  2. 配布ファイル一覧
    1. cmox
    2. moc
    3. model.json
    4. physics.json
    5. exp.json
    6. mtn
    7. psd
  3. ダウンロード
    1. 公式サイト 自由に使えるイラスト
      (ページ下部)

[/col2] [/colwrap]

京町セイカ

なくね…?

 


制作者様は敬称略で記載しています。

個人でまとめたものなので記載ミスや紹介漏れ、紹介不可があれば連絡下さい。

Live2D Creative Awards 2016 に応募しました!

Live2D社が主催するLive2Dコンテスト「Live2D Creative Awards 2016」に動画作品を応募しました!

応募作品

動画はFullHDで投稿していますので、スペックに余裕のある方はぜひ高解像度で見てみてください(`・ω・´)ゞ
(デフォルトだと中解像度になるっぽい?)

今回のモデルは左右90度ずつ、180度の顔の角度Xの実装を軸に、しっかりとした髪揺れや、腕周りの汎用性を追求してみました。
あとはやっぱり、可愛らしさを全面に出そうとバランス調整をすごく頑張りました(ノ∀`)

また、今回はサークル「まかろに☆けちゃっぷ」様の協力を得てなんと、ボイスを実装してみました!
口パクもただの開閉だけではなく、きちんと母音に合わせて行っていますのでその辺りも注目してもらえると嬉しいです。

なにげに最後のクレジット画面のモーションが一番のお気に入りだったりします(*´∀`*)

PICKUP作品

Awardsに投稿された作品の中で、
個人的に気になった作品を幾つかピックアップして勝手に紹介しますヾ(´ω`=´ω`)ノ


Awards2016の審査基準として明記されている「Live2Dの特徴や可能性を表現している」作品といえばこの作品。
くしゃみが出そうな仕草や、入れ歯が飛び出すモーションもそうなのですが、
横を向いた時にメガネの光沢具合が変わるところも地味に作りこまれていますね。

私が審査員ならグランプリに選んでいるくらいオススメの作品。


こちらもLive2Dの可能性を引き出すすごい作品。

変態構造モデル(褒め言葉)
Live2Dで側転出来ることも凄いが、汎用的な手を実装しているところにも注目したい作品。


一瞬MMD動画でも見ているのかと錯覚してしまった凄い作品。

全身モデルで横や後ろ向きの切り替えもできる汎用性の高いモデル。
特に腕が手前に来る箇所が綺麗に作ってあって凄い。


可動域はそれほど広くは無いですが、細かい表情の付け方と間のとり方が凄く好きな作品。
最後のオチまできちんと作られた完成度の高い作品。


Live2Dは別に人だけしか作れないわけではない!
と言うのを体現してくれる作品。

 


https://www.youtube.com/watch?v=v5pfoQwYEHE

モデルのレベルが高く、凄いよく動く。
と言うかサムネのインパクトが強い(; ・`ω・´)
そしてそのインパクトのまま動く感じが凄い!


メイクアップあるように、初音ミクが化粧する動画作品。
化粧をしない野郎の私には思いつかなかったコンセプト。この発想はなかった(´゚д゚`)


か、可愛い(*´∀`*)
この子うちにも現れてくれないかな!?(ΦωΦ)

実写にLive2Dモデルを表示されているのに違和感なく見ることが出来る凄い作品。
モデルも凄い可愛い!


立ち絵ぬるぬるっと動く凄い作品!
実際にゲームに使われていそうなクオリティの高いモデルです。


https://www.youtube.com/watch?v=fLwOQ3kAPzc

昨今盛り上がり始めたVRとLive2Dの組み合わせ!
アバターのように髪型や服を変えられる。これどういうモデル構造になっているんだろう?


Live2Dモデルで塗り絵が出来てしまう凄いアプリ!
プログラミングに弱い私からしてみると謎の技術です(ノ´∀`*)

このアプリに使うモデルは専用の構造のモデルじゃないとダメなのでしょうかね?
作ってみたい感はあるのですが、大変そうです(; ・`ω・´)


生放送用にLive2Dモデルをなんやかんや出来る凄いソフト。
近いうちに試してみる予定!

ゲーム配信や、お絵描き配信と相性が良さそう。


謎の技術。
ナンダこの変態技術は!(褒め言葉)


謎の技術その2。
学のない私には説明できない凄い技術の作品。
どういうことだってばよ!?



謎の技術その3。
すごい:(;゙゚’ω゚’):

最後に

ピックアップで取り上げた作品は全体の一部になります。
YouTubeで「Live2D_2016」と検索してタイトルに該当文字がある作品が応募された作品になります。
他にもたくさんの応募作品を見ることが出来ますので、ぜひいろんな動画を見てみて下さい!\\\\٩( ‘ω’ )و ////
出来れば私の応募動画も見て下さい(。▰´▵`▰。)

▶YouTube [ https://www.youtube.com/results?q=live2d_2016 ]

▶Live2D Creative Awards 2016 [ http://www.live2d.com/award2016 ]

Live2Dの使用メモリについて

教えてもらったので自分用備忘録。


 

2016/4/4にLive2D公式マニュアルが更新されて私ははじめて知ったのですが、
Live2Dは64bitでもデフォルト設定では4GBしか使っていません。

Live2Dの使用できるメモリ上限を変更する方法

C:\Program Files (x86)\Live2D Cubism 2.1\CubismModeler2_64.bat
※ 標準のインストール先の場合
※ アニメータの場合は CubismAnimator2_64.bat

ファイルを開くと、以下の記載があります。

rem *********************************************************************
rem **  最大メモリサイズ(MB)を設定して下さい。
rem **  大きく設定しすぎると起動できない場合があります。
rem **  その場合、搭載メモリ容量の1/3を目安に設定して下さい。
rem **  Animatorでは動画出力にQuickTimeを使用するため32bit版Javaが必要です。
rem **  32bit版Javaの場合は最大1000MBとなります。
rem **  64bit版Javaの場合は搭載メモリによって異なります。
rem *********************************************************************
set MAX_MEMORY=4000

この MAX_MEMORY=4000 (MB)は 4GBを意味します。

お使いの環境が16GBの場合は、最大で14GB程度を推奨します。

set MAX_MEMORY=14000

ここで指定するサイズは、必要になった場合に最大で確保されるメモリサイズであり、
大きな値を指定しても、起動直後から14GBを確保するようなことはありません。

但し環境によっては大きな値を指定し過ぎるとアプリケーションを起動できない場合があります。

 引用元URL

特別なテキストエディタは必要なく、Windows標準のメモ帳で問題ありません。

16GBでは最大14GB推奨とのことです。
32GBだと最大28GBほどでしょうか。
8GBではOSや他のソフトウェアのことを考慮すると、4~6GBくらいが良いでしょう。

私は64GB積んでいるのでとりあえず24GBほど割り当ててみました。
現在アプリケーションが起動できない等の問題は特に起こっていません。

メモリを多めに搭載されている方はぜひ一度変更してみては如何でしょうか。
※バックアップは忘れずに。

使用中のメモリを整理する

それでも、4GBの環境の人や、32bitの環境の人も居るでしょう。
使用メモリがカツカツになると動作が不安定になったりすることがあります。

そういった環境では使用しているメモリを一度クリアしてあげると良いでしょう。
Live2Dには「ガベージコレクション」(不要なメモリを整理する機能)があります。
PhotoshopやCLIP STUDIO PAINTにある「メモリをクリア」機能と似た機能ですね。

画面右下に微かにある数値。これがメモリの使用量/確保量です。

ScreenShot01349

この部分をダブルクリックすることでメモリのクリアが実行されます。
Live2DMemoryClear

これによって使用しているメモリを一度綺麗に整理できるようです。
処理中は赤い縦縞が動きます。
これが消えると処理が完了のよです。

 

最後に

お恥ずかしながら、生放送で教えてもらうまで全く存在に気付きませんでした。

ペイントソフトにある「メモリのクリア」は、メニューバーの中にあります。
そのような項目がLive2Dにはなかったので、無いものだと思い込んでいましたね。

[colwrap] [col2]ScreenShot01350[/col2] [col2]ScreenShot01351[/col2] [/colwrap]

64bitで4GBしか使っていないと言うのも全く考えたこともなかったです。
これも思い込みです。思い込みはダメですね。思い込みが激しい所があるので気をつけないと…。

教えてもらってマニュアルを今一度きちんと見てみると、画面レイアウトのところでちゃんと触れられていました。
http://sites.cybernoids.jp/cubism2/modeler/basic/name

ということで、私と同じように思い込みの激しい人や、マニュアルをななめ読みして読んだ気になって見逃している人向けの備忘録でした。
同じような人が一人でも居たら幸いです。

Live2Dの画面表示が崩れる場合の対処法

症状

Live2D Modeler、Live2D Animatorの画面表示がバグる環境が稀にあります。

モデルのパーツやテクスチャが表示されない不具合とはまた違い、Live2Dそのものの表示がおかしくなります。

Animator

このように表示が崩れます。

[aside type=”warning”]Modeler、Animatorの両方、あるいは片方で現れることがあります。
表示バグが起こるウィンドウは人によって変わる場合があるようです。[/aside]

原因と解決法

Windowsアップデートやグラフィックドライバの更新を行いましょう。

私の知る限り、それで症状は再現しなくなります。


それでも直らない場合は、動作環境を確認してみましょう。

[colwrap] [col2]

[引用元URL]

ScreenShot00989[/col2] [col2]

一部抜粋

  • Windows Vista/7/8.1
  • Pentium4 3GHz以上
  • 2GB以上のメモリ(推奨8GB以上)
  • 推奨GPU: OpenGL3.3 / GeForce 8 相当かそれ以上

[aside type=”warning”]オンボードのGPU (Intel HD Graphicsなど)では正常に動作しない可能性があります。[/aside]

[/col2] [/colwrap]

Live2DはGeForce等のグラフィックボードのある環境前提で設計されているソフトウェアです。
オンボード環境や、ドライバが古い場合は予期せぬ不具合が現れる事があるようなので注意しましょう。

また、WindowsXPはサポートされていません。
私はWindows10環境でLive2Dを使用しています。今のところ不具合に遭遇したことはありませんが、公式的には動作環境には含まれていないようです。


 

私の場合、Windows7時代にOSをクリーンインストールした直後にこの表示バグが現れました。

今のところWindows版のみのようです。
MAC版で表示が崩れる場合があるのかは現在不明ですが、今のところWindows環境でしか見たことありません。
もしもMACでも同様の症状に見舞われた人がおられたら情報提供をお待ちしていますm(_ _)m

Live2Dはまだ歴史の浅いソフトウェアですので、不具合等あれば公式フォーラム等で問い合わせましょう。
フォーラムでは時折、気付かれずにスルーされる時がありますがね(ノ∀`)アチャー