タグ: YouTube

Live2D Creative Awards 2016 に応募しました!

Live2D社が主催するLive2Dコンテスト「Live2D Creative Awards 2016」に動画作品を応募しました!

応募作品

動画はFullHDで投稿していますので、スペックに余裕のある方はぜひ高解像度で見てみてください(`・ω・´)ゞ
(デフォルトだと中解像度になるっぽい?)

今回のモデルは左右90度ずつ、180度の顔の角度Xの実装を軸に、しっかりとした髪揺れや、腕周りの汎用性を追求してみました。
あとはやっぱり、可愛らしさを全面に出そうとバランス調整をすごく頑張りました(ノ∀`)

また、今回はサークル「まかろに☆けちゃっぷ」様の協力を得てなんと、ボイスを実装してみました!
口パクもただの開閉だけではなく、きちんと母音に合わせて行っていますのでその辺りも注目してもらえると嬉しいです。

なにげに最後のクレジット画面のモーションが一番のお気に入りだったりします(*´∀`*)

PICKUP作品

Awardsに投稿された作品の中で、
個人的に気になった作品を幾つかピックアップして勝手に紹介しますヾ(´ω`=´ω`)ノ


Awards2016の審査基準として明記されている「Live2Dの特徴や可能性を表現している」作品といえばこの作品。
くしゃみが出そうな仕草や、入れ歯が飛び出すモーションもそうなのですが、
横を向いた時にメガネの光沢具合が変わるところも地味に作りこまれていますね。

私が審査員ならグランプリに選んでいるくらいオススメの作品。


こちらもLive2Dの可能性を引き出すすごい作品。

変態構造モデル(褒め言葉)
Live2Dで側転出来ることも凄いが、汎用的な手を実装しているところにも注目したい作品。


一瞬MMD動画でも見ているのかと錯覚してしまった凄い作品。

全身モデルで横や後ろ向きの切り替えもできる汎用性の高いモデル。
特に腕が手前に来る箇所が綺麗に作ってあって凄い。


可動域はそれほど広くは無いですが、細かい表情の付け方と間のとり方が凄く好きな作品。
最後のオチまできちんと作られた完成度の高い作品。


Live2Dは別に人だけしか作れないわけではない!
と言うのを体現してくれる作品。

 


https://www.youtube.com/watch?v=v5pfoQwYEHE

モデルのレベルが高く、凄いよく動く。
と言うかサムネのインパクトが強い(; ・`ω・´)
そしてそのインパクトのまま動く感じが凄い!


メイクアップあるように、初音ミクが化粧する動画作品。
化粧をしない野郎の私には思いつかなかったコンセプト。この発想はなかった(´゚д゚`)


か、可愛い(*´∀`*)
この子うちにも現れてくれないかな!?(ΦωΦ)

実写にLive2Dモデルを表示されているのに違和感なく見ることが出来る凄い作品。
モデルも凄い可愛い!


立ち絵ぬるぬるっと動く凄い作品!
実際にゲームに使われていそうなクオリティの高いモデルです。


https://www.youtube.com/watch?v=fLwOQ3kAPzc

昨今盛り上がり始めたVRとLive2Dの組み合わせ!
アバターのように髪型や服を変えられる。これどういうモデル構造になっているんだろう?


Live2Dモデルで塗り絵が出来てしまう凄いアプリ!
プログラミングに弱い私からしてみると謎の技術です(ノ´∀`*)

このアプリに使うモデルは専用の構造のモデルじゃないとダメなのでしょうかね?
作ってみたい感はあるのですが、大変そうです(; ・`ω・´)


生放送用にLive2Dモデルをなんやかんや出来る凄いソフト。
近いうちに試してみる予定!

ゲーム配信や、お絵描き配信と相性が良さそう。


謎の技術。
ナンダこの変態技術は!(褒め言葉)


謎の技術その2。
学のない私には説明できない凄い技術の作品。
どういうことだってばよ!?



謎の技術その3。
すごい:(;゙゚’ω゚’):

最後に

ピックアップで取り上げた作品は全体の一部になります。
YouTubeで「Live2D_2016」と検索してタイトルに該当文字がある作品が応募された作品になります。
他にもたくさんの応募作品を見ることが出来ますので、ぜひいろんな動画を見てみて下さい!\\\\٩( ‘ω’ )و ////
出来れば私の応募動画も見て下さい(。▰´▵`▰。)

▶YouTube [ https://www.youtube.com/results?q=live2d_2016 ]

▶Live2D Creative Awards 2016 [ http://www.live2d.com/award2016 ]

この髪の毛メイキング動画が気になる

厚塗りの髪の毛の塗り方で非常に参考になりそうなメイキング動画があったのでご紹介!

メイキング動画

ツールはPhotoshopを用いているようです。

私も同じような手法で厚塗りを行いますが、明度と彩度の選び方が段違いですね。
立体感と髪の毛の質感の表現は見習いたいです。
P_20150613_124212 すごいにゃ

スクリーンショット

まずはじめにシルエットを大まかに描いていますね。
すでに私とはやり方が違うのですが、このやり方もなかなか良さそうなので今度取り入れて描いてみたいですね。
ScreenShot00418

その後髪の毛のラフを描いていくようです。
私はここの順序が逆ですね。ラフ線を描いてから下塗りします。
ScreenShot00419

ベースとなる基本の着色ですね。
どうやら先ほどのラフの上にクリッピングマスクを使って色を乗せていますね。
乗算あたりを使っているようですがちょっと字が読めないです(´・ω・`)
ScreenShot00420 ScreenShot00421

その後一度髪の毛のレイヤーを結合し、再度新たにクリッピングマスクを設定したレイヤーを作って、そこで描き込んでいくようです。
頭頂部から描き込んでいくようです。
ScreenShot00422

必要に応じてレイヤーはどんどん結合して行くようですね。そして新たにレイヤーを作ってそちらに描き込むようです。
レイヤーの結合基準は何なんでしょうね?
私は上手く描けたかなと思った時に結合していますね。
ScreenShot00423
 ScreenShot00424

クリッピングマスクを使っていないところもあるようですね。
何かしらの理由があるのか、もしくは必要なかっただけでしょうかね。
少なくともレイヤーが複数増えているということは、何かしらのレイヤーモードを使っているのだと思われます。
ScreenShot00425
  ScreenShot00426

最終的なレイヤー構成はこんな感じで描き終えていますね。
ここからレイヤーを全結合して、最終的な調整を行っています。
ScreenShot00427
ScreenShot00428


なんとなく描く流れに共通点はありましたが、
肝心の色彩や明度の選び方、立体感や質感の出し方は自分で描いて覚えるしか無いですね。
l1501